街

専門家に依頼して会社設立をスムーズに行う!

  1. ホーム
  2. 仕組みを知りトラブル対応

仕組みを知りトラブル対応

社内

カード情報はどこへ行くか

現金以外の支払手段としてまず思い浮かぶのがクレジットカード決済です。名刺サイズのカードが一枚あれば、決められた上限金額までの支払いが行えます。安全で便利な決済手段として幅広いシーンで利用されており、街中の様々な場所でクレジットカード決済の端末を見かけまず。しかしクレジットカード決済の仕組みを理解していないと、二重請求や返品対応などイレギュラーな取引が起こってしまった際に対応できません。基本的な仕組みをおさえていればカード会社とのやりとりがスムーズになります。クレジットカード決済を行うにあたり最初に行われるのはカード情報の読み取りです。現在利用されているクレジットカードの多くは磁気ストライプに情報を記録させています。カードの保管状況により磁気が弱まると情報を読み取ることができません。また、カードの磁気に異常がなくとも決済端末の読み取り部にホコリやゴミが入り込んでいると、うまく読み取れないこともあります。読み取り部は定期的に清掃しておくとよいでしょう。読み取られたカード情報は通信回線を使ってオーソリセンターに送信されます。オーソリセンターではカードの有効期限、利用限度額などの信用情報を元に使用可能なカードかどうかを判定し、問題がなければ承認番号が発行されます。最後に決済代金をカード会社に請求します。ここでオーソリセンターから付与された承認番号が必要となるのです。後日、カード会社からの入金があり、一連の処理が完了します。